「安いだけで選ばないで」【県民共済】医療特約の内容&注意点

医療保険
Illustartion of people with life insurance
この記事は約5分で読めます。

県民共済の医療特約を付けようか迷っている。どんなデメリットがあるか知りたい。

こんな疑問にお応えします。

本記事の内容
  • 医療特約の概要
  • 医療特約の内容
  • 医療特約の注意点
  • 医療特約をおすすめできる人

僕は保険関係に勤務しており、生命保険の支払査定の経験があります。

県民共済は「青い封筒」の保険です。

あなたのお宅のポストにも一度は入ったことのあるのではないでしょうか。

封筒の中身は細かい字がたくさん書いてあって、読む気になりませんよね・・・。

この記事を読めば、あなたにとって県民共済の医療特約がいるか・いらないか、さくっと判断できると思います。

それではいきましょう。

県民共済の全体像がよく分からない人は、先にこちらの記事をお読みください

>>県民共済の全体像を理解する

スポンサーリンク

医療特約の概要

医療特約の概要

まず、医療特約の全体像を見ていきます。

  • 保障期間:80歳まで
  • 加入年齢:18~64歳
  • 掛金  :月1,000円←安い!
県民共済 医療特約の概要
県民共済ホームページより作成

疾病障害以外は、事故・病気とも保障されます。

疾病障害は、病気のときだけです。

スポンサーリンク

医療特約の詳しい内容

医療特約の詳しい内容

まず、医療特約の内容を一つずつ見ていきます。

入院一時金

入院一時金は、入院したときに受け取れます。日帰り入院でもOKです。

ただし、1回の入院につき1回限度です。

「1回の入院」とは
  • 退院した日から180以内の再入院
  • 入院した原因が同じまたは直接関係のあるもの

2つを満たした再入院を一つの単位として、考えます。

他社の医療保険は、原因が異なるときも1回の入院とする商品もありますので、県民共済はやさしいです。

手術

手術共済金は、公的医療保険制度の診療報酬点数(手術料)がある場合に対象になります。

業界のスタンダードは、外来で受けた手術は日額の5倍、入院中なら20倍という仕組みです。 しかし、県民共済の医療特約は、以下のとおり手術料に応じて金額が決まる方式です。

手術料18~59歳60~64歳65~69歳70~80歳
1,400点≦手術料<5,000点 5万円3万円2.5万円1.5万円
5,000≦手術料<15,000点 10万円6万円5万円3万円
15,000点≦手術料20万円12万
10万円6万円

1,400点未満の手術は対象外ということになります。

【1,400点未満の手術の一例】 出典:しろぼんネット 

K006「皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)」

 1 直径3センチメートル未満 1,280点

1,400点以上でも対象にならない手術もあります。

  • 創傷処理
  • 皮膚切開術
  • デブリードマン
  • 骨または関節の非観血的整復術、非観血的整復固定術および非観血的授動術
  • 抜歯
  • 加入後1年以内の帝王切開

「加入後1年以内の帝王切開」は、医療特約特有です。

なお、放射線は手術に含まれます。

先進医療

県民共済の先進医療は1万円ごとに切り上げされます。

たとえば、先進医療の費用が501,000円の場合は、510,000円受け取れます。

ちょっと得することができますね。

業界のスタンダードは以下のとおりです。

  • 先進医療の費用が1万円未満のとき⇒1万円
  • 先進医療の費用が1万円以上のとき⇒実費

基本コースが入院保障型の場合、入院保障型の上限を超えた部分だけ、支払い対象になります。

在宅療養

在宅療養共済金は、継続して20日以上入院して退院すると受け取れます。

退院の詳しい条件は以下のとおりです。

  • 保障期間内に退院
  • 死亡退院は除く
  • 事故の場合は入院共済金が支払われる期間に退院した場合に限る ※

※事故の場合の入院共済金の限度日数は184日です。つまり、185日以降に退院した場合は、在宅療養共済金は受け取れません

疾病障害

以下の状態になると、疾病障害共済金を受け取れます。

疾病障害
出典:県民共済 ご加入のしおり
スポンサーリンク

医療特約の注意点3つ

医療特約の注意点3つ

ここからは医療特約の注意点を紹介していきます。

①:高齢期の保障金額が下がる

医療特約は60歳以降に保障額が下がります

65歳以降は「熟年医療1型」という名前に自動的に変わり、更に受け取れる金額は少なくなります。

医療特約の概要
医療特約の概要(再掲)

あなたは、医療費がかかる年代を知っていますか?

ご覧のとおり、医療費は60歳以降に増えています。

生命保険協会「人生100年時代における生命保険業界の役割について」
出典:生命保険協会「人生100年時代における生命保険業界の役割について」

県民共済で安心できるでしょうか?

②:放射線保障がイマイチ(一昔の内容)

医療特約は、放射線を50Gy(グレイ)以上受けないと手術共済金の対象になりません。

つまり、放射線を受けて、すぐに共済金を受け取れないケースもあります。

業界のスタンダードは、放射線治療を受けたら、放射線の量にかかわらず対象です。

③:基本コースのみを解約できない

医療特約はあくまでオプションなので、医療特約だけを契約することはできません。

基本コースを解約すると、自動的に医療特約もなくなります。

スポンサーリンク

医療特約をおすすめできる人

医療特約をおすすめできる人

医療特約をおすすめできる人を紹介します。

  • 60以降の保障はあてにしていない人
  • 他社で医療保険に入っており、県民共済はサブ的に考えている人
  • 保障は劣っていても、とにかく安い保険がいい人

メインの保険として、県民共済の医療特約に入るのはおすすめできません。

スポンサーリンク

まとめ:県民共済の医療特約のウリは安さ

県民共済 医療特約の概要
県民共済 医療特約の概要(再掲)

医療特約は月1,000円なので、圧倒的に安いですよね。1日33円です。

しかし、保障面で劣るところが多々あります。

上記の「医療特約をおすすめ出来る人」に当てはまらないあなたは、他の保険を資料請求してみてください

\無料で簡単/

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました