【県民共済】がん保障のメリット&デメリット【元査定担当者が解説】

【県民共済】がん保障ののメリット&デメリット【元査定担当者が解説】 がん保険
この記事は約5分で読めます。

県民共済にがんの保障がどんな内容か知りたい。

自分に合っているか知りたい。

こんな疑問にお応えします。

本記事の内容

・県民共済のがん保障とは

・新がん特約の内容

・新がん特約のデメリット

・新がん特約のメリット

僕は保険関係に勤務しており、生命保険の支払査定の経験があります。

県民共済は、あなたの家のポストにも一度は入ったことのある、「青い封筒」の保険です

中身は細かい字がたくさん書いてあって読む気になりませんよね。

この記事を読めば、あなたにとって県民共済のがん保障がいるか・いらないか、さくっと判断できると思います。

それではいきましょう。

スポンサーリンク

県民共済のがん保障とは【新がん特約】

県民共済のがん保障とは【新がん特約】

県民共済のがん保障は「新がん特約」です。概要は以下のとおりです。

  • 保障期間:80歳まで
  • 基本コースが総合保障1型の場合は:65歳まで
  • 掛金:月1,000円 または 月2,000円
新がん特約(月1,000円)
筆者作例
スポンサーリンク

新がん特約の内容

新がん特約の内容

新がん特約の内容を一つずつ見ていきます。

  • 診断共済金(一時金)
  • がん入院共済金
  • 通院共済金
  • 手術共済金
  • 先進医療共済金

診断共済金(一時金)

診断共済金が受け取れる条件は、次のどちらかです。

  • 保障期間内に初めてがんと診断確定されたとき
  • がんの治療から5年経過した後に診断確定されたとき

上皮内がんの場合でも、金額は削減されません。

ちなみに、アフラックは10%に削減されます・・・。

初回掛金払込の翌日から90日以内にがんと診断された場合

新がん特約は、1回目の掛金を払い込んだ翌日から90日以内にがんと診断された場合、以下のようになります。

  • 診断金は0円
  • そのほかの共済金は50%に削減

治療終了後5年を超えた後に、がんと診断されれば通常どおりに支払われます。

がん入院共済金

入院共済金は、がんが原因で入院したときに受け取れます。

支払日数の上限はありません

通院共済金

通院共済金は、次のどちらかを満たせば受け取れます。

  • ①:がん診断日から1年以内
  • ②:がん入院共済金の退院日から1年以内

上の①②に該当した通院を合計して60日が限度です。。

手術共済金、先進医療

手術、先進医療については、目立った特徴はありません。

詳しくは医療特約の記事を参照してください。

>>「安いだけで選ばないで」【県民共済】医療特約の内容&注意点

スポンサーリンク

新がん特約のデメリット

新がん特約のデメリット

ここからは医療特約の注意点を紹介していきます。

①:がんと診断されたときの一時金が少ない

新がん特約の診断共済金は、次の2パターンしかありません。

  • 1型(月1,000円)→50万円
  • 2型(月2,000円)→100万円

がんの治療は入院から通院にシフトしていますので、使途を問わない一時金で準備しておくのがスタンダードです。

治療費や収入減少に備えるには、安心できる金額ではありません。

②:再発の給付金の期間が長い

がんは再発リスクもあります。

【再発の統計】

新がん特約は、1回目のがんの治療が終了後、5年経過しないと2回目以降の診断共済金が受け取れません

生保は2年が一般的です。

最短は、JA共済 「がん共済」の1年です。

③:通院保障がイマイチ

通院の限度が60日に制限されています。

しかも、1回目の診断から5年以内の通院はすべて通算されます。

④:放射線保障が一昔前

放射線は約款上「手術」に含まれます。

手術共済金を受け取るには、放射線の線量が(一部を除いて)50Gy以上必要です。

放射線をしたらすぐ受け取れるとは限りませんので、注意してください。

業界のスタンダードは、放射線治療の線量にかかわらず対象になります。

⑤:60歳以降に保障が下がっていく

【再掲】

新がん特約は、ご覧のとおり60歳から徐々に保障金額が下がっています

医療費がかかる年代を知っていますか?

【がんの罹患率】

医療費は60歳以降に増えていますよね。

⑥:新がん特約単体で契約することができない

新がん特約はあくまでオプションなので、新がん特約だけを契約することはできません。

ですので、基本コースを解約すると、自動的に医療特約もなくなります。

スポンサーリンク

新がん特約メリット2つ

新がん特約メリット2つ

新がん特約のデメリットを2つご紹介します。

保障開始が早い=がん無効になりにくい

新がん特約の保障開始日は1回目の共済掛金を払い込んだ翌月1日です。

一方、一般的ながん保険の保障開始日は、契約日の90日経過後です。

なので、県民共済の新がん特約のほうが、保障される日が早いので有利と言えますね。

上皮内がんも対象・削減されない

新がん特約は、上皮内がん(上皮内新生物)の場合でも、設定された金額の100%受け取れます。

生保には、上皮内がんの場合は10%に削減する会社もあります。

上皮内がんについて見れば、新がん特約のほうが有利ですね。

スポンサーリンク

新がん特約をおすすめできる人

新がん特約をおすすめできる人を紹介します。

  • 60以降の保障はあてにしない人
  • 他にがん保険に入っていて、県民共済はサブ的に入る人
  • 保障は劣っていても、とにかく安い保険がいい人
  • がん無効がこわい人
スポンサーリンク

まとめ:県民共済をメインで考えるのはおすすめしません

新がん特約は月1,000円または2,000円で、圧倒的に安いです。

一方、保障面で劣るところが多々あります。

上記の「新がん特約をおすすめできる人」に当てはまらないあなたは、他の保険を資料請求してみてください。

\一度に複数の会社を取り寄せできます!/

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました