【県民共済】受取人まで考えておかないと困る?【具体例3つ解説】

生命保険
この記事は約5分で読めます。

県民共済って受取人を指定できないって本当?

自分が万一のとき、家族が請求するときに困ることはないか知りたい。

こんな疑問にお応えします。

本記事の内容
  • 県民共済の受取人とは
  • 受取人の重要性
  • 受取人を指定しないと困るケース
  • 県民共済の注意点

今回は、「県民共済の受取人の注意点」について解説していきます。

県民共済は手ごろな掛金で大変人気です。

しかし、安いという理由だけで加入すると、いざ共済金を請求するときに、県民共済がすぐに役に立たないケースがあります

ご家族を困らせないために、最後までお読みください。

それではいきましょう。

スポンサーリンク

県民共済の受取人とは

県民共済の受取人は、他の保険や共済と異なります。

簡単に解説していきます。

県民共済は受取人を指定できない?

県民共済の申込書には、受取人を書く欄がありません

受取人を指定するには別途問い合わせる必要があります。

わざわざ問い合わせるのは、めんどうくさいな・・・。

受取人を指定しない場合、どういう取り決めになるか、次をごらんください。

県民共済の受取人は優先順位が決まっている

県民共済の受取人は、次のように優先順位が決まっています

出典:県民共済【制度のご案内】
出典:県民共済【制度のご案内】

優先順位が決まっているなら、問題ないのでは・・・?

実は、受取人を指定することは、とっても重要なんです!

スポンサーリンク

受取人を指定する重要性

受取人を指定する重要性は、主に3つです。

  • すぐに現金化するため(葬儀費用・生活費・相続税)
  • 生前お世話になった人の恩に報いるため
  • 相続税を節税するため

3つを念頭に、受取人を指定していないと困るケースをご紹介していきます。

スポンサーリンク

受取人を指定していないと困るケース

ここからは、受取人を指定していないと困るケースを3つ、解説していきます。

  • 複雑な家庭
  • 相続人以外の人にお金を遺したい
  • 遺したいお金の額が決まっている

ケース①:複雑な家庭

まずは、家庭が複雑なケースです。

例えば、あなたに離婚・再婚経験があり、子どもがいる場合を考えてみましょう。

相続図
相続図

この場合、もし、あなたが亡くなった場合、相続人は、子Aと子Bです。

実は、こういうケースは死亡共済金の手続きが難航する可能性が高いです。

なぜなら、子A、子Bがお互いに面識がないことが多いからです。

居住地も近いとは限りません。

葬儀費用など、まとまったお金をすぐに用意できないと困りませんか?

ケース②:相続人以外の人にお金を遺したい

県民共済は遺したい人に遺せない可能性があります。

県民共済の受取人は、優先順位が決まっているからです。

例えば、あなたが相続人以外のだれかにお世話になって、その人にお金を遺したいと思っているとします。

でも、共済金を受け取る権利は、お世話になった人ではなく、別の人にあるのです。

なので、県民共済に受取人を設定しておかないと、あなたの願いは実現できません。

ケース③:遺したいお金の額が決まっている

県民共済は、あなたが遺したいと思う金額を遺せないことがあります。

なぜなら、県民共済は受取人が複数いる場合、均等に分けることになっているからです。

相続図
相続図【再掲】

仮に、もしあなたが子Aにもっとお金を遺してあげたいと思っていたとしても、子Bと均等に分ける必要があります。

死亡共済金を請求する権利は、子B固有の権利とされるので、子Bが相続放棄しても請求する権利はなくなりません。

スポンサーリンク

県民共済その他注意点

県民共済は万一のときの受取人のほか、注意点があります。

  • 保障額が十分ではない
  • 保障額が年齢とともに下がる

注意点①:保障額が十分ではない

県民共済は掛金を安くしている分、保障額が十分ではないことが多いです(ご家庭によって必要な保障額は変わります)。

【 例 】

夫:32歳、妻:30歳、子2歳、0歳

夫婦は2人とも会社員

この場合、夫の必要な死亡保障額は、約1,200万円

出典:生命保険文化センター

県民共済の総合保障2型に加入した場合、病気死亡は400万円です。

800万円も赤字か・・・!

貯蓄があまりない場合は、困窮する可能性が高いですよね。

注意点②:保障額が年齢とともに下がる

県民共済の保障額は、 安い掛金を維持するため、年齢とともに下がっていきます。

たしかに、一般的に死亡の必要な保障額は年齢とともに下がっていくので、合理的といえます。

しかし、医療の費用は年齢とともに上がりますので、県民共済ではカバーできないかもしれません。

しかも、今の政府は緊縮財政ですので、社会保障費を削るために高齢者の負担も求めています。

今後さらに窓口負担が増える可能性も考えておきたいところです。

県民共済は掛金が安い分、保障があまりよくありません。

県民共済のデメリットについては、下記の記事でご紹介しています。

>> 【県民共済】3つのデメリットと2つの注意点【元査定担当者が解説】

スポンサーリンク

まとめ:共済金を請求するときのことまで考えよう

今回は、県民共済の注意点を、共済金を請求する視点で解説しました。

掛金が安いという理由だけで加入すると、思わぬ落とし穴があります。

保険や共済は、お金を受け取って初めて役に立ちます。

いざというときに困らないように、受取人や保障額を適切にプランニングしたい人はこちらから。

保険相談ニアエル

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました