プロフィール②

sky-cloud プロフィール
この記事は約4分で読めます。

前回のブログでは転機を機に都会を満喫した3つのポイントを述べて力尽きました。

今回はその続きを記したいと思います。

スポンサーリンク

辞令は突然に

関東生活を満喫して2年目の冬、終わりは突然やってきました。それは帰還命令です。目の前が真っ暗になるとはこのことですね。失意のどん底とはこれかと何度も人事を恨みました(今現在も恨んでますがw)。その後、帰還先部署が発表されました。かねてより不希望部署として希望調査票に回答していた部署になりました。ここで更に絶望です。

帰還して1年目。嫌すぎてあまり記憶がありません・・・。この時点で何らかの行動をとるべきでしたが、ずるずる我慢していました。体力的精神的にきつい部署ではありませんが、とにかくやりがいを感じない。ただ、次から次へと、イベントやら研修やらでだましだまし過ごしていました。研修は関東でしたので、前後泊して握手会やライブ、コンサートに行って現実逃避していましたね。

スポンサーリンク

新たな出会い

そんなどん底の中、いくつか新たな出会いがありました。

エバンジェリスト 西脇 資哲(にちわき もとあき) さん

まず、エバンジェリスト 西脇資哲 さん です。

きっかけは坂道系のラジオ番組でした。帰還後もそのラジオ「エバンジェリストスクール」を聴いており、徐々にIT分野やプレゼンへの興味を持ち始めました。西脇さんの著書も何冊か読み、東京までセミナーを受講しにいったこともあります。

MB さん

次にに、MB さん です。

あるときファッションについて検索しているときに、たまたま目にした記事を読んで、メルマガ登録しました。

それまでファッション雑誌を何となく買い、なんとなく真似していたものの、しっくり来ていませんでした。MBさんはおしゃれにあまり関心がない層をメインターゲットに日本にファッションの文化を根付かせるという信念のもと、さまざまな活動をされています。その一つがメルマガだったわけです。

おしゃれは感覚的なものと思われがちですが、誰でもおしゃれになる公式を論理的に説明してくれる唯一無二の存在です。メルマガや著書を読んで、見える世界が変わったと感じます。服装を褒められることも増えました。何より、新しいことにチャレンジする勇気や楽しさを教えてくれたと感謝しています。

筋トレ

次に、筋トレ です。

ファッションについてある程度知識を持ち始めた頃、よりおしゃれに見えるようにするため、今度は自分の体を鍛えることにしました。

Schooという動画配信サービスを利用し、筋トレ動画を見て、楽しく鍛えることができています。筋トレのよいところは、やればやるだけ自分に返ってくることです。仕事や人間関係はどうしても自分の影響が及ばない範囲が存在するので、必ずしも成果に現れるとは限りませんし、その成果も正当に評価される保証もありません。

一方、筋トレは自分との闘いです。回数を重ねれば筋肉も応えてくれますし、さぼれば成長しません。また、筋トレすると、嫌なことを考えなくて済みますし、気持ちが安定します。気持ちが落ちている日ほど、筋トレをして自己肯定感を高めています。まさに、心身ともに鍛えられるのです。

ちなみに、Schooは筋トレだけでなく、様々な分野の動画を視聴することができます(有料)。実務上有益なExcel講座も定期的に視聴しています。時代は動画コンテンツですね!

プログラミング

そして、最後が プログラミング です。

あるとき、Twitterでマナブログを見つけ、直感的にコレだと感じました。

今いる業界や組織はじり貧で将来性への展望がまったく描けないところです。このまま組織の一部として、好きでもないことをして埋もれていくのかと諦めかけていたところでした。自分で何かを始めなければ何も変わりません。人と過去は変えられませんが、自分と未来は変えられます。まずは、Progateやデイトレを始めてHTML、CSSを学習しました。が、3か月程度経過して、徐々に停滞していきました。

目的や目標物が明確ではなかったためですね。今度はブログをやってみようかと思い始めました。

前の部署の仕事が性に合っていたので、そのことについて今後発信していこうと思い立ちました。また、今の部署はやりがいこそ感じませんが、幅広知識が求められるのでとても勉強になります。

つまり、職場で知識やノウハウを吸収して、個人で発信していくというスタイルで、甚だ微力ではありますがみなさんのお役に立てればと思い、ブログを立ち上げた次第です。

スポンサーリンク

発信していく分野

まず、最初に発信していく分野は 生命保険 です。実は前の部署が生命保険の支払部署でした。今の部署は真逆の営業サイド(自ら営業はしません)です。この組織だけかもしれませんが、営業担当の大半が損得感情やいかに掛金を安くするかしか考えていません。CMや広告もしかり。

結果、正しくお客様に保障の中身が伝わっておらず、必要な時に保険金を受け取っていただけない可能性があると危惧しています。

そんな危機感から、支払実務経験者として営業担当や広告が説明しない(できない)ことを中心に発信し、読者の方に保険を正しく理解して、営業担当や広告に惑わされずに保険商品を選べるように情報発信をしていきます。

以上、2回に渡り、ブログを立ち上げた経緯を述べてきました。

次回以降は上記の内容を発信していこうと考えています。どうぞよろしくお願いします!

タイトルとURLをコピーしました