プロフィール①

sky-cloud プロフィール
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!初投稿です。

自分への備忘録として なぜブログを立ち上げたか、その理由や経緯、目的等をまとめておこうと思います。

ブログタイトル

まず本題に入る前に、ブログタイトル「ひかるいちにち」というネーミングについて、触れておきます。

毎日が光り輝くように・・・という願いが・・・ ではなくw 私の本名の名前の漢字から以下のように考えました。

①漢字を分解  例:ABC

②分解したものを並べ替え 例:ABC⇒BCA

③漢字を訓読み BCA⇒びーしーえー

特段深い意味はありませんが、本ブログによって閲覧してくださる方や自分の人生が光り輝くものになればと思います(後付け)。

ブログを始めた理由

さて、本題にはいりましょう。

私がブログを始めた理由はずばり現状打破です。

私は生まれも育ちも就職も地方です。まあのほほんと仕事をこなし、趣味を楽しんでいた訳ですが、あるとき転機が訪れます。それは関東への転勤です。2年間だけでしたがいろいろ満喫しましたね。一つ目が趣味でもあるオーケストラをたくさん聴いたこと、二つ目が某坂道系アイドルにはまったこと、そして三つ目が都会を味わったこと。

転機-①

まず、オーケストラは、時期によっては毎週末(自己最多は5日連続くらいだったかな?)東京都内や横浜、川崎に足を運んでいました。住まいが大宮だったためとても便利でどこへ行くにも1時間程度で済みました。在京オケ、海外オケいろいろ聴けましたね。チケット代や交通費は計算していませんw 好きな作曲家や好きな曲や好きな指揮者で選んで(選べるのがすごい)、 生でしか味わえない感覚はを追い求めてましたね。 地方でプロの音に飢えていた私は、飢えを満たすかの如く。

音楽は一人で聴くのもそれはそれで楽しいです。しかし、もっと楽しいと感じるのは、誰かと共有するということです。映画鑑賞と似ていますかね?一人で見に行くのもいいですが、見終わった後に友人と感想を言い合うのって楽しくありませんか?音楽も正にそれで、良かったところ、いまいちだったところ等共有すると更に楽しいです。そこにお酒が加わると・・・。

私はだいたい友人と行っていました。というか正確には「行くといた」という感じでしたw その友人は大学からの付き合いで在学中から仲が良く、友人が関東で就職してからは年数回会う程度でしたが、私が関東に来てからほぼ毎週コンサートで会って、だいたいその後に飲みに行ってました。友人の始発駅である秋葉原で。

まとめると、満喫ポイント① オーケストラ + 友人

転機-②

次に、 某坂道系ですが、これはもう完全に上の友人の影響以外の何物でもありません。 詳しい経緯は忘れましたが、いつものようにコンサート後に飲んでいた時だと思います。友人から最近アイドルにはまっている話を聞き、その時はふ~んとあまり気に留めていませんでした。だんだん冠番組や雑誌を見るようになり、気づいたらドはまりしていたんですね。もう、朝から晩まで過去の動画やラヂオをYouTubeであさり続けるほどに。自然と推しメンができ、CDを買い、一緒に握手会に行き、一人でも握手会に行き、職場の人を誘ってライブに行くほどにレベルアップwしていきました。コンサート後の話題の割合が、オーケストラよりアイドルのほうが大きくなったのは言うまでもありません。

まとめると、満喫ポイント② アイドル

転機-③

最後に、都会を味わったという抽象的な表現ですが、上記2つも含んでやっぱり都会って何でもあります。地方出身者にとっては羨ましすぎる環境。鉄道であれば、電車の路線の多さや時間の間隔の過密さや終電の遅さ。コンサートホールや海外オケの多さ、アイドルに会える頻度w 、あげればきりがありませんが、環境面で地元と決定的に異なるのが、冬の天候です。地元は雪国なのですが、冬の暗さと言ったら・・・。関東の冬は正に天国のようでした。だって朝日で目覚められる冬なんて想像もできませんでした。洗濯物が2回干せるなんて夏だけかと思っていました。

あと、おまけで、職場環境。転勤とは言うものの、数年やっていた仕事がある部署が隣県で集約されただけなので、やることは変わりませんでした。集約する前段階で何回も集まったり、集約後は細かいところを詰めていったり、集まった方々はみんな数年以上の経験があり、年齢も近い人が多かったこともあって、割とワイワイ楽しく仕事ができていたと思います。集約拠点を立ち上げる最初の年だったため、みんな気合も入っていたのでしょう。

まとめると、満喫ポイント③ 環境や天候

ここまで、3つの関東満喫ポイントを挙げてきました。残念ながら、誠に遺憾ながら、楽しい関東生活は突然終わりを告げられることになります。ここからが本題なのですが、少々オーバーヒート気味なので続きはまた次回。

もしお読みいただいた方いらっしゃいましたら、このような稚拙な文章を最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました